【アスキーアート】
         ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
      ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \
     (  ,'          i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
      `''|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"
        !       '、:::::::::::::::::::i
        '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ 
         \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ
                     ``"      \>

【イラスト化】
( ´∀`)

名前 マケボノ【まけぼの】
解説 元・64代横綱「曙(あけぼの)」のAA。
2003年大晦日「K-1ダイナマイト」でボブ・サップにKOされた
シーンをAA化したものである。
当時人気絶頂だったボブ・サップと、これが格闘家デビューとなる
元横綱・曙との対決とあって、裏番組の紅白を揺るがしかねない程の
注目度であった。番組自体もメインイベントである両者の対決を
番組後半までさんざん引っ張りまくったのであるが、いざ試合が始まると
開始1ラウンド2分58秒でアッサリと勝負がついてしまった。
その壮絶なまでの期待の裏切り方と、KOシーンの蛙のような情けない姿、
そして輝かしい横綱人生からの転落っぷりが2ちゃんねらーに受け、
今ではすっかり「マケボノ」呼ばわりされるようになった。
その後もマケボノは敗戦続きで商品価値は暴落、
まったく世間から注目されなくなってしまった。
途中、角田信朗から初白星を奪う活躍を見せはしたものの、
角田に勝ったからって「強い曙が復活した!」と感じた視聴者は
皆無であったのではなかろうか。
2005年大晦日「K-1ダイナマイト」ではド素人のボビー・オロゴンと
対決し、ちょっとだけ注目を浴びる事になったが、今回も判定で敗北。
情けないKOシーンを晒す事はなかったが、ド素人にも敗れて
ますます「マケボノ」のイメージを強めるだけの結果に終わった。
迷走を続けるマケボノ、一体どこへ行くのであろうか。

[2006/04/06更新]

【Topへもどる】