【アスキーアート】
        / ゙̄Y⌒ヽ
         l ⌒ ⌒ `ー‐"⌒ヽ
      ///〃     ___ノ
     /  _,--─ァ'´ ̄ " "
     { <   /  ,、 ,、  どうせ100日経ったらみんな忘れてるし
∧ r─v|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
| V      ー───''"´ヽ
|  |                   }
|  |   |         |   |
ヘ \  \           |  /

【イラスト化】
( ´∀`)

名前 100日後に死ぬワニ【ひゃくにちごにしぬわに】
解説 きくちゆうき氏がツイッターで投稿していた一連の4コマ漫画作品
「100日後に死ぬワニ」の主人公であるワニのAA。
2019年12月12日から毎日1作づつ投稿開始され、100日後の2020年3月20日に最終話が投稿、
タイトル通り主人公のワニが死ぬ展開となった。
しかしこの最終回を迎えてファンが悲しみの余韻に浸る中、その日のうちに
書籍化・映画化・グッズ化が発表。待ってましたと言わんばかりのタイミングでの
怒涛のビジネス展開に、悲しみのムードをぶち壊されたファンが激怒し炎上。
また、本件は連載中から電通が関わっていたのではないかという疑惑も浮上し、
「電通案件」などと呼ばれ、さらなる炎上を招く事となった。
このように、本件が炎上した主要因は「ムードをぶち壊しにしたタイミングの悪さ」にあり、
「電通案件」である事はオマケのようなものなのだが、本件を擁護する著名人はなぜか
主要因には目を背け、電通の件に関してのみ反論する事が多い。
反論しやすい点にのみ反論する、というスタイルなのであろうか?

[2020/08/03更新]

【Topへもどる】